化粧品やサプリメントの気になる情報をチェック

ミラクルコスメBeauty

情報・ノウハウ

美容オイルの効果的な使い方

投稿日:

肌への負担が少なく年齢や性別関係なく使える人気の美容オイル。

美容液の代わりに使っている方も多いかと思いますが、正しい使い方をしないとせっかくの効果も半減してしまいます。

美容オイルの効果を最大限に出すためには、正しい使い方がポイント。

この記事では「美容オイルの効果的な使い方」をご紹介していきます。

ぽにょ
美容オイルを使う時の参考にしてくださいね!

美容オイルの効果的な使い方

洗顔後に使う

洗顔後、化粧水を塗る前に美容オイルをなじませる方法です。

時間がたつと肌がすぐに乾燥してしまう方におすすめ!

美容オイルをなじませることで肌がやわらかくなり、化粧水の浸透もよくなり浸透力も良くなります。

化粧水を塗る前に使う美容オイルを一般的に「ブースター(導入)オイル」と呼ぶこともあります。

ブースター目的で美容オイルを使うときは、粘土の低いサラッとしたオイルを選ぶのがおすすめ。

伸びがいいので2,3滴で十分です!

お手入れの最後に使う

美容オイルの一般的な使い方は、お手入れのさいごに使う方法。

保湿ケアとして、化粧水や乳液のあとに”肌にフタをする役目”として美容オイルを使う方は多いのでしょうか。

乳液よりも保湿が高く肌のバリア機能を高めるので、乾燥肌にピッタリ。

皮脂をおさえる効果にも期待ができるので、オイリー肌やニキビ肌の方にもおすすめです。

特に乾燥している部分には、重ねづけをして肌の水分を逃がさないようにしっかりとフタをしてあげましょう!

メイクアップ時に使う

美容オイルは、普段使っているベースメイクにも使えます。

たとえば、リキッドファンデーションに美容オイルを1滴混ぜるだけで、肌がかさつきにくくなり肌のツヤ感もアップします。

ファンデーションの伸びもよくなるので、肌に密着し化粧ノリが良くなりますよ!

化粧水や美容液と混ぜる

保湿はしたいけどオイルのベタつきが苦手という方には、化粧水や乳液に美容オイルを混ぜるのがおすすめ。

保湿力がさらにあがり、時間がたってもしっとりと潤いのある肌をキープすることができます。

化粧水に油分が加わると化粧水の保湿成分が細胞間脂質へ浸透しやすくなり、水分が蒸発しにくくなります。

メモ

細胞間脂質とは何層も重なり合うラメラ構造のことで角質の働きを支えています。

まとめ

いろいろな使い方ができる美容オイルですが、使い方が違うと効果も半減するだけでなく肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

ぽにょ
これから「美容オイルを取り入れてみようかな」と思っている方は、今回ご紹介した効果的な使い方をぜひ参考にしてくださいね!

美しくなれるおすすめRanking

キメと毛穴に実感!毛穴専用美容液ソワン

毛穴専用美容液として高い満足度を誇るBIRAIの「毛穴美容液 ソワン」。黒ずみ毛穴や開き毛穴に効果のあるケアをこの美容液1本で行うことができます。保湿と毛穴の引き締めの両方ができる優秀なアイテム!

 

毛穴スッキリ!フルーティアザセラム

フルーティア ザ・セラムは、クランベリーオイルで作られたオイル。開いた毛穴にも潤いを与えて大人の毛穴ケアができることで評判が高いんです。今なら1,480円(税抜)・送料無料で申し込みできます!

お肌のハリを取り戻す!ヴァーチェ マルラオイル

無香料・無着色のナチュラルなオイルで、精製してあるため酸化しにくいのが特徴です。原料臭をカットしてあるため香りに敏感な方でも快適にスキンケアできます。18ml入りで約2か月分、毎日のスキンケアにプラスするだけで肌で違いを実感できると話題のオイルです。肌本来のチカラを高める美容成分がたっぷりと配合されているので、お肌のハリも取り戻せますよ♥

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-情報・ノウハウ

Copyright© ミラクルコスメBeauty , 2019 All Rights Reserved.